行きたいリスト

桃色の散歩道、海色の喫茶と共に

桜を見ながらウォーキング、一息つくならreef caféへ!

座ってお花見もいいけれど、散歩をしながらお花見もいかがですか?
今回は、片浜駅から原駅までの桜並木を歩いて参りました。(この桜並木の桜の見頃は、3月下旬から4上旬です。)
また、原駅周辺のオススメのカフェを取材してきたので、最後までお楽しみください!
  • 桜並木

    桜並木

国道1号沿いの桜並木、春にここを車で通った事がある方なら、一度はみた事があるのではないでしょうか?

5km程続くこの桜並木はおよそ600本の桜が植わっているそうです。

左車線側には、桜をゆっくりみながら歩ける遊歩道(側道)があるので、お子様ペットとの散歩でも安心して歩くことができます。
今回は、この桜並木をみながら散歩して片浜駅から原駅まで歩いちゃおうという紹介です。

片浜駅から国道1号を通って原駅までは歩いて、およそ40分程。なかなか距離がありますが、左側はずっと桜並木

気持ちよく歩いているとあっと言う間に着いちゃいます。

この春、ご家族やお友達とのんびりお花見ウォーキングなんていかがでしょうか?

今回は、お花見ウォーキングが終わったあと、ランチにもおやつにもぴったりなカフェreef café(リーフカフェ)さんに取材をさせていただきました。

reef caféさんは、JR原駅から15分程歩いたところにある海沿いのカフェをイメージしたお店です。

入った瞬間まるで沼津じゃないような素敵な空間で、ずっとここに居たいと思ってしまいました(笑)


店内の内装は、海をモチーフとした装飾やグッズででいっぱいで、まるで南国のカフェに来たように楽しかったです!

ちょうど取材中に入店されたお客様にインタビューしてみたところ、

インスタグラムでお店を見つけて、とても可愛かったからです!」とおっしゃっていました。

お店のメニューの情報やイベント情報が載っているインスタグラムも是非チェックしてみてください!


今回ご紹介するのは、春の新作スイーツ「フレンチトースト キャラメルバナナとナッツ」です。

自家製のフレンチトーストは、富士市にあるごとうのたまごうすべに」を使用しており、体によく美味しい食材を厳選しているとのこと。

キャラメルとバナナの甘さと、甘すぎずふわふわのフレンチトーストがマッチして絶品でした!

また、お店の看板料理の「リーフロコモコ」もいただきました。

半熟卵が甘口のハンバーグソースと絶妙に絡み合い、気分はもう南国です!


こちらのreef caféさん

店舗だけでなくマルシェ露店での販売もされているそうで、出品するフードは毎回売り切れてしまうとのこと。

お店は、後藤玲子さん(写真左)と萩原裕子さん(写真右)のご姉妹でされているそうです。

とても優しいお二人で、最高のひとときを楽しむことができました。

また、お邪魔させていただきます!

みなさんもこの春は、お花見ウォーキングからのreef caféさんに行ってみてはいかがですか?


column

reef café

沼津市原1530-2
TEL:055-943-7135
営業日:火曜〜日曜 11:00~18:00
休業日:毎週月曜、第3日曜
 

column
この記事を書いた市民ライター

この記事を書いた市民ライター

石井 亮太(ヨタデザイン)

ヨタデザイン代表

東京と静岡でデザイン制作や撮影の仕事などをしている。

株式会社青い鳥の事業「家族の話」のディレクターを務める。

また、全国各地のゴミの写真をアートとして表現する「ゴミカメラマン石井くん」は今、インスタグラムで密かなブームとなっている。

PR