行きたいリスト

沼津湾クルーズ船に乗ってきました!

沼津の絶景と爽快を独り占め!

皆さん、こんにちには!市民ライターの石井亮太です!それにしても今年の夏は暑いですね。

沼津には楽しいレジャーがたくさんありますが、熱中症に気をつけてこまめな水分塩分はとってください!

さて、今回はそんな暑い夏にぴったりで爽やかな沼津湾クルーズ船に乗って参りましたので、ご紹介致します!


  • 沼津湾クルーズ船のボート

    沼津湾クルーズ船のボート

  • ヤマハアリーナ所長の竹島さんが、今回の運転手さんです!

    ヤマハアリーナ所長の竹島さんが、今回の運転手さんです!

  • 市役所の職員さんが、救命道具をつけているところです

    市役所の職員さんが、救命道具をつけているところです

沼津湾クルーズ船は、ヤマハマリーナ沼津さんが企画・運営しています。

コースは2つあります。

1つ目は、駿河湾を6人乗りのヨットで楽しめるショートクルーズコース

2つ目は、沼津港〜西浦漁港~内浦漁港の3箇所間を1日乗り降り可能なショートコース

今回は、ショートコースを体験してきました!救命道具をつけていざ出発でございます!

※ショートクルーズコースは、下記で紹介している価格と異なります。大人10,000円  小人5,000円です。
column
ヤマハマリーナ沼津

ヤマハマリーナ沼津

沼津湾クルーズ船について(ショートコース)

運行期間  2018年8月4日(土)〜2018年8月25日(土)の土日のみ
運行時間  1日3便 (10時、13時、15時)
運行コース   沼津港〜西浦漁港(らららサンビーチ)〜内浦漁港~沼津港
 ※日にちによってコースが異なるためご確認ください。
 ボート、ヨット(コースによって違います)
利用料  大人 9,000円 / 子供 4,500円
住所  〒410-0103 静岡県沼津市江浦514
電話  055-939-0312
駐車場  無料駐車スペース有

  • 所長の竹島さんの頼もしい背中

    所長の竹島さんの頼もしい背中

  • 太陽の光が海に反射して本当に綺麗!

    太陽の光が海に反射して本当に綺麗!

  • 水しぶきも素敵!

    水しぶきも素敵!

沼津湾クルーズ船の魅力は、何と言っても移動中の絶景です!キラキラした大迫力の駿河湾がすぐ真横にあります。

気持ちの良いを受けながら、遠く青い水平線を見つめているとドラマの主人公になったような気分になります。

それだけでも大きな満足感があるコースです!

カモメや魚の姿を探しながら、沼津の自然を堪能するとあっという間に最初の中継地についてしまいました。
  • 綺麗ならららサンビーチ

    綺麗ならららサンビーチ

  • 港の近くは整備されていてとても使いやすいです

    港の近くは整備されていてとても使いやすいです

  • 平沢マリンセンターでダイビングもできます!

    平沢マリンセンターでダイビングもできます!

さて、最初の目的地の西浦漁港(らららサンビーチ)につきました。

いや〜やはり、らららサンビーチはいいですね。いつ行っても綺麗ですが、夏はやっぱり一番いい

水着を持ってこなかったので、写真だけ撮ってぼーっと海を眺めていました。それだけでも十分楽しめました。

でもここの魅力は、マリンレジャーができる平沢マリンセンターさんがあることです!

ダイバーの方に嬉しいサービスが盛りだくさんで、すごく綺麗な施設です。

クルーズ船で西浦漁港まで行って、ダイビングをするのが竹島所長のオススメだそうです!



さて、とても名残惜しいですが次の目的地へ向かいます。
column
平沢マリンセンター

平沢マリンセンター

マリンレジャーを楽しむのならこのお店!

ダイビングシュノーケリングをされる方は是非!
沼津湾クルーズ船を利用される方には、トイレ小休憩に施設を貸して下さるとのことです。とても綺麗なところなので、一度ご利用されてみてください

住所  静岡県沼津市西浦平沢25-8 らららサンビーチ内
営業時間  8:00~17:00
電話番号   055-942-2646

最後の目的地の内浦漁港です!淡島は海と一緒だとより綺麗ですね!

内浦漁港周辺には、伊豆・三津シーパラダイス淡島マリンパークがあります。

行きたい場所のなるべく近くに船を停めてくださるとのことだったので、気軽に運転手の方にお声がけください。



さて、沼津湾クルーズ船いかがでしたでしょうか?

市外からお越しの皆様にも、沼津の方にも是非楽しんでもらいたいサービスです。

気持ちの良い風を受けに是非来てください!

それでは、また!
[地図の見方(Googleマップへの切り替えについて]場所の名前や地図上の番号をタップすると「ここへのルート」が表示されます。それを更にタップすると自動的にGoogleマップへ切り替わります。
column
この記事を書いた市民ライター

この記事を書いた市民ライター

石井 亮太(ヨタデザイン)

東京と静岡でデザイン制作や撮影の仕事などをしている。

沼津では、TVCM撮影や店舗用のポスターの製作などをしている。

また、全国各地のゴミの写真をアートとして表現する「ゴミカメラマン石井ちゃん」は今、インスタグラムで密かなブームとなっている。

PR