行きたいリスト

沼津観光ポータル子どもライター募集中!

市民ライターになって、ぬまづの宝100選を取材しよう!

現役の市民ライターや編集のプロを招き、文章係、写真係、イラスト係に分かれて、分かりやすい説明を受けながら取材から記事の書き方までを、子どもライターになることで学ぶことができます。
現在私たち市民ライターが沼津の魅力を発信中ですが、子ども目線で見た沼津にはこんなステキなところがあるんだということを感じ、発信してもらいたいと思います。取材で楽しい体験や面白い話が聞けるかも!
執筆した記事は本サイト「沼津観光ポータル」に特集として掲載され、修了証の授与もある予定です!
  • 他地域での研修・取材のようす

    他地域での研修・取材のようす

  • 他地域での研修・取材のようす

    他地域での研修・取材のようす

  • 他地域での研修・取材のようす

    他地域での研修・取材のようす

  • 他地域での研修・取材のようす

    他地域での研修・取材のようす

  • 他地域での研修・取材のようす

    他地域での研修・取材のようす

現役の市民ライターや編集のプロを招き、文章係、写真係、イラスト係に分かれて、分かりやすい説明を受けながら取材から記事の書き方までを学ぶことができます。執筆した記事は「沼津観光ポータル」に特集として掲載され、修了証が授与されます。

【日時・内容】

7月21日㈯:事前研修:ワークショップ「取材やインタビューについて」「写真の撮り方について」など

7月22日㈰:現地取材:2チームに分かれて、2箇所の取材を行います。

8月4日㈯:記事編集:ワークショップ「文章の書き方」「イラストの描き方」・実際の記事編集作業

【対 象】市内の小学校に通学する4〜6年生で全回参加できる人(保護者同伴)

【定 員】6人(申込多数の場合抽選)

【申込方法】

6月20日㈬までに参加する子どもの氏名、性別、学年、希望する係(文章係・イラスト係・写真係のいずれか)、同伴する保護者の氏名、電話番号(連絡が取れる番号)、「沼津観光ポータル子どもライター希望」と明記して電子メールでご応募ください。※詳細は、お問い合わせ下さい。

電子メールアドレス kanko@city.numazu.lg.jp


プロのライターや編集者・カメラマン・イラストレーターからワザを学んで、即実践!!
取材の仕方:藤井 将さん
(pal system/編集者・プランナー)出版社勤務後、子育て支援のNPO職員を経て現在、pal systemにて『食と農と平和』をテーマにて媒体編集をプロデュース中
 
写真の撮り方:浅沼 春香さん
(フォトグラファー、市民ライター)沼津市近隣を中心に活躍するフォトグラファー
 
文章の書き方:有川 美紀子さん
(現場取材にこだわるライター)「オガサワラオオコウモリ森をつくる」(島峰書店)、「でかけよう!私たちの社会科見学」(偕成社)、「小笠原が救った鳥」(緑風出版)などの書著がある
 
イラストの描き方:渡邉 純さん
(イラストレーター、市民ライター)イラスト・グラフィックデザインの他、子ども向けワークショップ・自然体験教室の講師なども行う
 
2チームに分かれて、2箇所の取材を行います!
今回は『ボランティアガイドと沼津御用邸記念公園を調べつくす&沼津の名物ひもの体験』と『戸田塩づくり体験&戸田の絶景を撮影しよう』の取材を予定しています。ひものや塩ってどうやって作っているのかな?実際に現地に行って体験したことを日本全国・世界の人に発信しよう!

沼津観光ポータル子どもライターの応募は電子メールアドレス kanko@city.numazu.lg.jpまで!

PR