行きたいリスト

夏の『子どもライター』講座&取材の巻!

子どもライターに密着取材をしてきました!

こんにちは、市民ライターの石井亮太です。

夏本番になって参りました!今回は、元気で明るい『子どもライター』を取材してまいりました!

子どもライターとは、この沼津観光ポータルで沼津の魅力を発信する、いわば我々市民ライターの子ども版です。

今回の取材は2班に分かれて取材にいきます。

御用邸記念公園を調べつくす&ひもの作り体験」と「戸田塩作り&絶景を撮影しよう」です。

どれも楽しそうな取材ですね!

でも、ライターの皆さま、初のお仕事です。取材の前にちょっとだけ勉強をしてきました。

取材の前日に取材についてのセミナーを受けてきました。

皆さんちゃんと座って聞いて立派でしたよ!


1時間目はパルシステムの藤井さんより、取材とはなんであるかという事を学びました。

藤井さん曰く『取材とは「伝えたいこと」を「伝える」こと』だそうです。

私はこれがなかなか出来ない(笑)!

子どもライター達は真剣にメモを取っており、これは実際の取材の時もいい記事を書いてくれそうだと写真を撮りながら安心しておりました。


2時間目は、市民ライターでお馴染みのフォトグラファー浅沼さんに写真の撮り方についての授業をしていただきました。

写真の魅力や面白さなど熱意あふれるお話を聞いた後、実際にプラサ ヴェルデの屋上にて写真を撮りに行きました。

写真で伝える方法や写真の楽しさを実践を交えながら教えて下さいました。

子どもライター達も一生懸命、写真を撮りながら「なぜ、この写真を撮ったのか?」という理由を友達や大人達に伝えておりました。


それでは、座学もしっかり受けたので、レッツ取材です!

まずは、御用邸記念公園調べつくす&ひもの作り体験チームの風景から。

御用邸に行きガイドさんと一緒に、歴史や文化について学んできました。

みなさん、事前にそれぞれが用意した質問事項をもとに、ガイドさんに様々な質問を投げかけていましたよ。


続いてこちらは戸田塩作り体験&絶景を撮影しようチームです。

塩づくり体験駿河湾深海生物館の取材をしに行きました!こちらも少しだけ写真を紹介します!

私からの紹介はこれくらいにして、続きは子どもライターの記事を待ちましょう!

8月4日にもう一度集まり写真を選別し、記事を書き上げるとのこと!

完成する記事が楽しみですね!



それでは、また!


column
この記事を書いた市民ライター

この記事を書いた市民ライター

石井 亮太(ヨタデザイン)

東京と静岡でデザイン制作や撮影の仕事などをしている。

沼津では、TVCM撮影や店舗用のポスターの製作などをしている。

また、全国各地のゴミの写真をアートとして表現する「ゴミカメラマン石井ちゃん」は今、インスタグラムで密かなブームとなっている。

PR