行きたいリスト

歴史深い、かつての庶民の足「渡し船」が体験できる
全国的に姿を消しつつある、渡し船。庶民の足として身近な交通機関であった渡し船は、かつて、市内を流れる狩野川でも利用されていました。
河口付近で運航されていた我入道の渡し船は、昭和46年まで続き、港大橋の完成でその役目を終え廃止となりましたが、平成9年4月に復活いたしました。
千本浜から志下海岸までの、水辺を歩く文学探訪の道「潮の音プロムナード」。そこに彩りを添える我入道の渡し船。
今では見ることも少なくなった和船に乗り、船頭歴20年の川口さんと3年目の滝口さんが奏でる心地よい櫓の音を聞きながら、情緒たっぷりの時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。渡し船ならではの富士山の絶景も必見です。
皆さまのご乗船を心よりお待ちしております。

市民ライターが体験した【我入道の渡し船】乗船レポートはこちら

「情緒いっぱいの川下り!我入道の渡し船」

エリア:
沼津港周辺
カテゴリ:
体験スポット

我入道の渡し

我入道の渡し船は、狩野川河口付近から対岸への渡し船として昭和46年まで運航していましたが、港大橋の完成でその役目を終え廃止されました。その後、平成9年に復活し、現在は我入道から蓼原町(沼津港側海岸)・あゆみ橋まで運航しています。
住所 静岡県沼津市
電話番号 055-931-1395(沼津我入道漁業協同組合)
営業時間 〔平成30年度〕
運航案内(運航予定日・乗り場案内)(PDF:374KB)
夏期運航案内はこちら(PDF:613KB)
料金 中学生以上100円、小学生50円
「しずおか子育て優待カード」を提示すると、特典が受けられます。
備考 ●運航時間 9時~17時 ※11月は16時までとなります。
●航路 我入道のりば(狩野川河口)~沼津港のりば(狩野川河口)~あゆみ橋のりば(中心市街地)
●のりば 我入道のりば:沼津市我入道東町地先
      沼津港のりば:沼津市蓼原町地先
      あゆみ橋のりば:沼津市大手町4丁目地先
      我入道の渡し船「のりば」案内(PDF:374KB)
●定員 12人
●注意事項
 幼児は保護者が同伴しなければ利用できません。
渡し船の安全な運航を妨げたり、ほかの利用者に迷惑をかける恐れのある場合は、利用をお断りすることがあります。
乗船中は、全てのお客様に必ずライフジャケットを着用して頂きます。
荒天等の影響により、当日欠航になる場合があります。
(荒天時等の当日の運航の有無については、NPO法人 沼津観光協会へお問い合わせください。)
ドキュメント 我入道の渡し船おさんぽマップ(PDF 369KB)

PR