行きたいリスト
車ナシでもOK!沼津港&あわしまマリンパーク1泊2日
沼津駅南口から徒歩とバスで南下するコース
川沿いに敷かれた石畳の美しい通りを歩いて、旧東海道の城下町だった沼津の往時を偲んだり、沼津御用邸記念公園では皇族の当時の暮らしに触れ、歴史と文化にしっとり触れることができるコースです。
富士山を仰ぐ無人島の水族館「あわしまマリンパーク」ではちょっとした離島気分を味わえます。
日本随一の深さを誇る駿河湾の海の幸を味わうランチもおすすめです。
全行程:1泊2日
START
JR沼津駅南口から徒歩すぐ
1

井上靖の母子像

学生時代を沼津中学で過ごした文豪井上靖の文学碑
  • 井上靖の母子像
沼津駅南口のロータリーにある母子像は、学生時代を沼津中学(現沼津東高)で過ごした井上靖の文学碑となっています。「若し原子力より大きい力を持つものがあるとするならば、それは愛だ。愛の力以外にはない。」と刻まれています。
徒歩約2分
2

商店街

駅の北口から南口に広がる商店街を散策しよう
  • 商店街
北口側は大型スーパーを中心ににぎわいを見せ、南口側には飲食店や洋品店などの個人商店が並び、あちこちのぞきながら散策できます。
徒歩すぐ
3

旧東海道川廓通り

往時を偲ばせる、石畳の美しい通り
  • 旧東海道川廓通り
川廓町は東海道沿いにあって、東を狩野川に、背後は沼津城に接した町でした。
徒歩約3分
4

三枚橋城石垣跡

武田氏が東の拠点として築いた城
  • 三枚橋城石垣跡
戦国時代に大きな勢力を誇った武田氏は、駿河中部から東部において後北条氏と激しい戦いを繰り広げました。三枚橋城は武田氏の拠点の一つとして築城され、武田氏滅亡後は徳川家の城となりましたが、最後の城主である徳川の家臣・大久保忠佐に後継者がいなかったため慶長19年廃城となりました。現在は沼津東急ホテルの前に石垣が残っています。
徒歩約25分
5

沼津港飲食店街

新鮮な魚介類を堪能できる、沼津を代表する観光スポットのひとつ
  • 沼津港飲食店街
沼津港で水揚げされたばかりの新鮮な魚介類が楽しめる飲食店街。生産量日本一のアジの干物などが並ぶおみやげ処も豊富で、見て味わって楽しいお店が70店舗以上並んでいます。
また、沼津港の新名所「港八十三番地」も大注目です。
徒歩約3分
6

沼津港大型展望水門「びゅうお」

年末年始は通常と開館時間が異なります。詳しくはこちらをご確認ください。
  • 沼津港大型展望水門「びゅうお」
沼津港大型展望水門「びゅうお」は沼津港の内港と外港を結ぶ航路から進入する津波から港の背後地の50ha、 9,000人を守るために作られた水門です。
津波をシャットアウトする扉体(ひたい)は、幅40m、 高さ9.3m、重量は406tと日本最大級です。
これだけの大きな扉体なので、それを支える躯体も大きく沼津市ではその高さを生かして展望施設を併設しました。
この展望施設には、両岸に設置した13人乗りのエレベーターにより昇ることができます。両岸の機械室の周囲を展望回廊がまわっていて、この展望回廊の床は、地上約30mです。両側の展望回廊を幅4m、長さ約30mの連絡橋がつないでいて、北には愛鷹山、富士山、南アルプスを望み、遠く清水まで見渡せます。
また、箱根連山や沼津アルプスを見渡し、眼下には我入道海岸が広がり、その先に駿河湾に突き出した大瀬崎をくっきりと見ることができ、360度の眺望を楽しめます。
バスで約15分移動 
沼津駅周辺で宿泊

沼津駅からバスで約30分
7

あわしまマリンパーク

富士山の見える無人島水族館
  • あわしまマリンパーク
イルカやアシカショー、ペンギン、展示種数が日本一のカエル館など家族や友人・恋人と楽しく過ごせる見どころがいっぱいです。
バスで約20分
8

沼津御用邸記念公園

往時の皇族の暮らしに触れる
  • 沼津御用邸記念公園
沼津御用邸は明治26年に造営され、明治・大正・昭和の三代に渡り使用されました。昭和44年に廃止され、45年からは記念公園となって美しい庭園や邸が公開され、多くの来園者を集めています。西附属邸は建物だけでなく室内の家具・調度品まで復元されており、当時の皇族の暮らしにふれることができます。東附属邸は、皇孫殿下の御学問所としての性格を受け継ぎ、文化活動のための施設となっています。
GOAL

PR